au Windows Phone IS12T

 


au Windows Phone IS12Tを2000円で機種変更してきた。

行きつけのケーズデンキで機種変更4200円からポイント2100円と値引き100円で2000円のお支払い。近くのヤマダ電機では3150円だったけど、ヤマダで購入するのがなんとなく嫌だったので。。IS11Tも同じ値段でした。

Windwos Phoneの勉強として。またはマインスイーパをプレイするため。最近、マインスイーパにハマってる。内蔵メモリーは約32GBあるので、とりあえず音楽も大量に入れてみた。アプリは豊富じゃ無いけど、本体はサクサク動くし快適に使える機種じゃないかな。


グリーンでもイエローでもないシトラス。auの契約書ではイエロー


保証書など。


チラシなど。量は少なめ。


防水防塵のスマートフォンなので、リアカバーを取り付けたら、しっかりと押し込んで密着させる。


お使いになるまえに冊子。Windows Phoneとして何ができるのかを説明。


本体正面、3.7インチディスプレイで手になじむちょうど良い大きさ。


本体右側、左がカメラボタンでワンタッチでカメラ起動。右がボリュームボタン。1,320万画素カメラの起動や撮影に関しては、十分満足できる速さじゃないかな。


本体上部。左がmicroUSB端子で充電やPCとの接続をおこなう。裏返しに挿入するタイプ。右がイヤホン端子。イヤホンの付属なしなので、FMラジオを聴く際には自分で用意。music-videoからラジオを利用できる。


本体左側はスッキリなにもなし。


本体下部にはストラップホール。穴にひもを通して使うタイプなんだが、穴が小さく細くて未だに入れてない。マイクの位置も独特。キーとキーの間にあるとは。


リアカバーに貼られているシールをよく読んでカバーを閉めること。Windows phoneのロゴが輝かしい?


防水防塵モデルなので、リアカバーにもパッキンが入っている。


電池パックは1460mAh
ARROWS Z ISW11Fと共通みたい。


↑純正電池パックTSI12UAAなら、楽天市場でもご購入いただけます。


2012年1月製造。au ICカードスロットのみ。microSDカード非対応だが、内蔵32GBなので十分かも。


13.2メガピクセルのカメラ。性能を発揮することあるかな。


充電中。マイクはボタン同士の隙間にあるようだ。


緊急速報メール「緊急地震速報」や「災害・避難情報」にも対応しています。上記画像は自治体が訓練で配信した「災害・避難情報」メール。受信したものは、Messagingから確認可能。通知を受けた時点では見やすい状態だったけど、あとで確認すると上記画像のように分割されてた。


↑IS12Tのカバーなら、楽天市場でもご購入いただけます。

参考 http://www.au.kddi.com/seihin/ichiran/smartphone/is12t/index.html

auオンラインマニュアル http://www.au.kddi.com/manual/tsi12/index.html

こちらの記事もどうぞ


One thought on “au Windows Phone IS12T”

コメントを残す