ハッピーフライト / Happy Flight

 


を見てみた。2008年公開。

どんな航空会社でも同じようだと思うけど、「訓練で良かったな」と言われるパイロットがいると思うと不安になる。でも、この完璧で無いところが、いかに安全を求めて頑張っているか分かる気がする、と思いたい。。

パイロットやCAだけでなく、飛行機を整備する人、管制官、カウンターで対応するグランドホステスなど、飛行機を利用するうえで関わる人たちも描かれており、興味深く見ることができた。普段見られないところが多くて、飛行機好きの私には良くできた映画だと思う。

保安面で笑えないシーンが、多々あるのが怖くなる。実際に起こってないよね?ANA便に乗ったとき、良い対応のCAがいたら、お褒めの言葉をサイト経由で出すようにしてます。

こちらの記事もどうぞ


コメントを残す