NTT東日本 光iフレーム2 / 利用編-1

 


カスタムホーム画面はこんな感じで利用中。画面下部の真ん中には「ウェザーニューズ」があるけど、これは設定で1つのみアプリを指定できる。

無線設定に不安を感じる方やサポートに設定して欲しいと思う方に
NTT東日本 リモートサポートサービスがオススメ。
新規申し込みなら月額525円が2ヶ月無料なんていうキャンペーンも実施中。
http://flets.com/osa/remote/s_outline.html

NHKのらじる☆らじるアプリはないけど、ブラウザかららじるのサイトを表示させ、ラジオを再生することにより聴くことができた。ブラウザで一瞬エラーが表示されても、数秒待って再生ボタン押し、しばらく待てば再生できるかと。FLASH対応ブラウザなので可能。
http://www3.nhk.or.jp/netradio/


ウェザーニューズの天気予報アプリも入れているが、カスタムホーム画面にフロートウィジェットを設置できないので、毎回アプリを起動する必要があり不便だ。この光iフレームの仕様自体が使いづらいけど。

写真のスライドショーだけでなく、このようなアプリの画面を自動的に切り替えて利用できるシステムがあれば便利なんだが。床屋とかにある、ニュースや天気予報などを複数・操作なしに切り替え表示できるやつがあればなぁ。


光iフレーム2はGPSにも対応しており、初期値ではGPSが有効なはず。同様にブラウザの位置利用も有効になっていたが、Googleマップでは利用できない。かといって、フレッツ・マーケットでGPS対応アプリを見つけられず。ちなみに、Googleマップでは、ピンチイン・ピンチアウトが利用できず。他のサイトでは利用できたので、何かしらの制限があるのかも。


通常版radikoと復興支援radikoにも対応しアプリが用意されている。


通知ステータスバーはこんな感じ。前光iフレーム同様、殺風景な領域が広がる。


初期状態では、フレッツ光メンバーズからポップアップ通知がある。不要だし邪魔なので、設定からOFFにしておいた。フレッツ光メンバーズの通知から、またはホーム画面にあるフレッツ光メンバーズのアイコンから。最初の画面左下に「ポップアップ通知を解除される場合はこちら」をタップ。


右上の「通知しない」をタップし、下の「設定する」をタップ。ログインIDとパスワードを入力しなくとも良い。


初期状態のホーム画面。最上列の4つのアイコンは移動できないみたい。


初期状態のホーム画面。


↑Androidのタブレット端末なら、楽天市場でもご購入いただけます。

参考 http://flets.com/hikari_iframe/

詳細な説明書 WDPF-703TI-R / WDPF-703TI-U
http://web116.jp/shop/netki/hikari_iframe2/hikari_iframe2_03.html


2 thoughts on “NTT東日本 光iフレーム2 / 利用編-1”

コメントを残す