docomo with series Optimus bright L-07C White

 


docomo with series Optimus bright L-07CのWhiteモデルを買い増し一括0円で購入、もらってきた。ケーズデンキ仙台港にて。パケホーダイダブル、iチャネル、ケータイ補償のみ。

2011年6月18日発売。買い増し一括0円だからかもしれないけど、コンパクトで良い手になじむ端末かと。オススメ。


同梱物:L-07C本体、電池パックL14、ACアダプタL02、USB接続ケーブルL01、microSDHCカード4GB(試供品)、リアカバー(Light Blue/Light Pink)(試供品)、クイックスタートガイド


しっかりした箱に入っている。これが一括0円で投げ売りとは。造り自体は良さそうなんだが。


上から、本体、説明書、リアカバー、ACアダプタ類が入っていた。


電池カバー・リアカバー。本体色「Black」には「Magenta」と「Blue」、本体色「White」には「Light Pink」と「Light Blue」を同梱。今回購入した本体色は「White」、ライトな色遣いで本体によく合う。ただ、リアカバーの取り外しにちょっと力が必要で頻繁に交換するには不向きかな。


ACアダプタが付属。よくあるACアダプタとmicroUSBケーブルが分かれているタイプ。スマホを買い足す度に充電器が増えていく。


チラシ類とクイックスタートガイド。スタートガイドは簡易な説明書だが、100ページも無い薄さ。必要最低限の内容のみ。初心者には不十分かも。


本来は冊子だったスタートアップガイド。在庫切れなのか、コピーを渡される。spモード設定と電話帳移行の解説など。あれば便利かなという程度。


華やかさは無いけど、シンプルで持ちやすい端末だ。


ハードウェアキー。左から、メニュー、ホーム、戻る、検索。本体下部側面には、マイクがあり、このへこみ部分にツメを引っかけてリアカバーを取り外しする。


充電中にゆっくり点滅します。


上部。小さい丸が照度センサー、細長いのが近接センサー。中央上部が受話口。


上側面。左から電源キー/画面ロックキー、microUSB端子、イヤホンマイク。

写真にうっすら写っているけど、液晶保護フィルムが貼られており、そのままでも使い勝手が悪くなかったので、剥がすためにある突起部分を切り取り、そのまま利用している。わざわざ保護フィルムを購入せずにすんだ。


microUSB端子のカバーがスライド式で便利。


左側面。左が音量キー、右がGキーと言ってモーションジェスチャーを利用するときに使うそうな。


リアカバーが3枚付いているけど、それぞれ装着・脱着方法の説明シールが貼られるほど慣れが必要だったり。

左側の細長い穴がスピーカー、右上がフラッシュとカメラだ。スッキリしたリアカバーで手になじみやすい。


リアカバーを外したところ。電池パック、ドコモUIMカードスロット、microSDカードスロットがある。電池パックは、1500mAh 5.6Wh / 3.7V 電池パックL14


microSDカードは4GBのものが付属。


電池パックを取り外したところもスッキリした感じ。


世界最高輝度IPS液晶“NOVAディスプレイ”を搭載しているだけあり、綺麗なディスプレイだ。


初期ホーム画面はこんな感じ。サクサクじゃないけど、遅さを感じずに利用できるかな。バランスが良い製品だと思う。


購入直後何かアップデートした気がするけど、とりあえず内部ストレージの空き容量1.31GB程度でした。


↑L-07Cのカバーなら、楽天市場でもご購入いただけます。

参考 http://www.nttdocomo.co.jp/product/with/l07c/

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview


One thought on “docomo with series Optimus bright L-07C White”

コメントを残す